カメラ転売だけで、月収50万円程度を稼ぐことが今年の目標。

もうバレンタインも終わって、気付けば今年も12分の2が終了してしまった。

アウトプットの質を高めるつもりが、更新とまっていたので、さっそく更新します。

これまでのビジネス歴を振り返ってみると、バイト先の先輩にネットワークビジネスに誘われたことをきっかけに、競馬関連のギャンブルやブックメーカー系のものに手を出してみたりしたことがありましたが、どれも、ほとんど利益が出ず、

ちょうど2010年くらいから、転売ビジネスを知り、物販系のビジネスにのめり込み始めました。

ちょうど5〜6年前というと、転売のトレンドは、いわゆる「eBay→ヤフオク」の時代。

今考えれば、良い時代だったにも関わらず、なかなか利益を出すことができず、当時販売されていた(もう販売者名は忘れてしまった)誰だったかの情報商材を購入。

それが、たまたま中古カメラ転売のノウハウで、初めてネットビジネスで利益を出す。

そのやり方で、初めて稼げたこともあり、また、たまたまカメラという大きな市場(ジャンル)を選べたこともあって、現在もメインはこのカメラ転売を行っています。

仕入先は特に限定せず、地方のリアル店舗に行くこともあれば、ネットショップやヤフオクで、販売されているものを見つければ、そこから仕入れを行うこともあります。

販路としてはヤフオクやアマゾン。単価がある程度取れて、利益も確保できる一眼レフと、そのレンズがメイン商材。

今は月商で300万円程度。利益率は10パーセントを切るか、切らないかというところ。

見た目的には、年商3,000万円を超えているし、マイクロ法人としては、こんなものなのだろうけど、利益率の部分をもっと上げることができれば、もう少し経済的にも余裕ができるはず。

カメラ転売だけで、月収50万円程度を稼ぐことが今年の目標。

カメラ転売について色々と調べていたけど、副業Q&Aというサイトの中で

カメラの内部を修理するのか。あるいはそのまま売るとしても見せ方を綺麗にするのか。検品して綺麗にチェックして、しっかりとしたコンディションのものだけ販売するのか。などなど。どう付加価値をつけていくのかが一つのポイントです

とあり、安く仕入れることに躍起になって、付加価値を付けて高く売るという発想はあまり無かったかもしれない。

コンディションが多少悪くても、それを状態の良いものにすることができれば、もちろん売値も上がるわけだし、利益率を上げることに繋がるかもしれない。

Continue Reading